30~40代 初めての住宅購入

選ばれる5つの理由

1. ファイナンシャルプランナーとしての年間150件、10年以上の相談実績

ファイナンシャルプランナーは、資格自体は比較的容易に取得することができますが、それを活かしてアドバイスすることは非常に困難だと言われています。
なぜなら、アドバイスの範囲が非常に広範囲に渡るとともに、実務経験がないと表面的なアドバイスしかできないからです。
独立系FPとして10年間で1500件以上の有料相談を行ってきた経験や知識を、お客様のためにフル活用いたします。

2. 銀行での住宅ローン相談・不動産販売会社・損害保険会社での合計15年の実務経験

住まいのアドバイスに関わる主要な3分野である不動産、保険、住宅ローンのすべての分野で合計15年の実務経験があります。
売る側とお客様の側の違いを深く理解したコンサルティングを行うことができます。

3. 主婦経験・親の介護経験をふまえた、ご相談者様の目線に立ったコンサルティング

住まいそのものは大切ではありますが、私は、それ以上にお客さまが幸せに感じることがより大切だと考えています。
主婦の経験・親の介護経験をふまえたお客さま応対に評価をいただいています。

4. 保険や金融商品、不動産を一切販売しない、第3者の立場だから伝えられること

第3者ですので、使っても安心な住まいの予算をお伝えすることができます。
また、お客さまが払う手数料をできる限り安く済ませる方法やお客さまが得する方法を徹底的に追求することができます。

5. 自身の住宅購入・住み替えの経験

皆さんは、携帯電話を持っていない人に携帯電話の選び方を聞こうと思いますか?
同じように、私は、住まいのアドバイスをする人は、住まいの購入経験があることが大切だと考えています。
マンションと一戸建て2回の住宅購入を行った自身の経験を(多くの失敗経験も)ふまえたアドバイスが可能です。

サービス① 「住宅購入予算診断」サービス

★こんな方向けのサービスです

  • 現状の資産と家計の状況で希望の家を買ったら将来の資産がどうなるか知りたい人
  • 自分が作成したキャッシュフロー表のセカンドオピニオンが欲しい人
  • 思い描く住宅購入やライフプランを実現したら将来のお金の動きがどうなるか知りたい人
  • 住宅の購入価格は決まっていて、試算のパターンは1つで十分な人

※現状の家計や住宅の予算、将来の収支についてお客様より詳細にヒアリングをもとにキャッシュフロー表を1パターン作成するサービスです。
※賃貸の場合と住宅購入の場合の比較を知りたい人、建て替えと住み替えの比較をしたい人など2つ以上のパターンの試算を希望される方は、サービス②の「複数の支出パターン」試算サービスをご利用ください。
※予算オーバーだった場合の適正価格や、予算アップできる場合の購入額の上限を知りたい場合は、複数の資料を作成する必要がありますので、サービス②の「複数の収支パターン」試算サービスをお申し込みください。
もしサービス②で時間や労力の負担が軽かった場合は、家計管理のポイントや保険の見直しポイントなどお客様に有益な情報をお伝えいたします。

★サービス内容

ご家庭の将来設計やご希望、将来の収支などをふまえて、現状希望する住宅を購入した場合の予算が適正かどうかを判断いたします。

★試算により得られるメリット

  • 希望する住宅が教育費や老後資金を貯めながら返せる住宅ローンの額で買えるかどうかわかる。
  • 適正価格だとわかればお金の心配をせずに、住宅選びに集中できる。
  • 社会保険や税金など自分で勉強しなくてもレクチャーいたしますので、時間を大幅に節約できる。
  • 頭金にいくら入れればよいかがわかる。
  • 教育費や老後資金・年金など将来のことを考えるきっかけになる。

★料金

対面でのご相談 33,000円(税込)  オンライン相談 29,700円(税込み)
※2回の面談料、資料作成費、分析費用をすべて含みます。面談の目安は1回90分です。120分を超えた分は30分5,500円の追加料金をお願いしています。
※オンライン相談の資料お渡しは電子データとなります。紙の資料をご希望の場合は別途料金となります。
※相性が合わないなど、初回ヒアリング前に終了した場合は、料金は発生しませんので、安心してお申込みください。
※訪問の場合は、交通費の実費と出張料を請求させていただきます。
※ご相談が立て込んでいる時期の緊急のご相談については、追加料金をいただく場合がございます。余裕をもってお申し込みください。

ご相談の流れはこちらをご覧ください。→ご相談の流れ

 

サービス② 「複数の収支パターン」試算サービス

★こんな方向けのサービスです

  • 賃貸か購入かを迷っている人
  • 親の家に住むのと購入するのを迷っている人
  • 建て替えと住み替えを迷っている人
  • 建て替えとリフォームを迷っている人
  • 親の土地に家を建てるか、新たに購入するか迷っている人
  • 新築住宅か中古住宅か迷っている人
  • 土地購入建築か建売か迷っている人
  • マンションか一戸建てか迷っている人
  • 将来の親の介護や相続を踏まえた住宅購入を考えたい人
  • その他、2つ以上のパターンを試算して最適な選択肢を選びたい人
    たとえば妻が仕事をやめるか続けるか、パートか正社員か、転職するかしないかなどライフプランの比較も可能です。

★サービス内容

ご家庭の将来設計やご希望、将来収支などをふまえて、賃貸と住宅購入とどっちがお得なのかなど、2つ以上の選択肢で迷っている方のために、複数パターンの収支をもとに試算します。また、住宅を購入する場合は「無理なく買える予算がいくらなのか」も試算します。

★サービスにより得られるメリット

  • 「賃貸と購入」「親の家に住むことと新たに購入すること」など、複数の選択肢の中で、何が一番良いのかが明確になる。
  • 第三者の立場からアドバイスを行うため、「住宅を購入しないほうがいい」という選択も明確にお伝えすることができる。
  • 住宅を購入する場合は、買っても安心な物件価格、借りてもよい住宅ローンの金額が明確になる。
  • 住宅を購入する場合は、お金の心配をせずに住宅選びに集中できる。
  • 社会保険や税金など自分で勉強しなくてもよいので、時間を大幅に節約できる。
  • 教育費や老後資金、年金など将来のことを考えるきっかけになる。

★料金

対面でのご相談 55,000円(税込) オンライン相談 49,500円(税込み)

ご相談の流れはこちらをご覧ください。→ご相談の流れ

※2回の面談料、資料作成費、分析費用をすべて含みます。面談の目安は1回90分です。120分を超えた分は30分5,500円の追加料金をお願いしています。
※オンライン相談の資料お渡しは電子データとなります。紙の資料をご希望の場合は別途料金となります。
※最高4パターンまで同じ金額で試算できます。1パターンのみの「住宅購入予算診断」サービスよりも価格がやや高くなりますが、人生で最も高いお買い物をより最適な予算で納得して購入することができます。
※相性が合わないなど初回ヒアリング前に終了した場合は、料金が発生しませんので安心してお申し込みください。
※訪問の場合は交通費の実費と出張料を請求させていただきます。
※ご相談が立て込んでいる時期の緊急のご相談については、追加料金をいただく場合がございます。余裕を持ってお申し込みください。

 

★ご希望される方には、住まい総合相談メニューもご用意しております。

上記サービスを受けた方限定になりますが、その後住宅購入などが完了するまでサポートするサービスや、資料作成で見えてきた問題点を解決するためのサービスもご用意しております。

お客さまによって必要なサポートが異なりますので、住まい総合相談メニューをご希望の方は、「住宅購入予算診断」サービス、または、「複数の支出パターン」試算サービス終了後にお申し付けください。

購入完了までにご提供できる主なサービス内容

  • 家計の見直しによる、住まいに使える予算を増やすサポート
  • 家計の総合診断および改善提案
  • ベストな住宅ローン・火災保険・疾病団信等の選択方法のアドバイス
  • ご希望に合う建築・工事業者(ハウスメーカー、工務店、リフォーム業者など)選択サポート
  • 第3者の立場での複数の住宅ローンタイプの比較シミュレーション
  • お客さまの意向を実現できる不動産会社のご紹介など

予算確定後にご提供できるサービス

  • 第3者立場からの保険の減らし方・やめ方・見直し方アドバイス
  • キャッシュフロー表から目的(教育資金・老後資金など)を明確にした資産運用導入サービス
  • ご実家の相続対策や空き家にしないためのアドバイスやサポート
  • 親御さんの介護や老人ホームなど高齢者住宅への住替えサポート
  • 介護離職をしないための介護や働き方

50代からの住まいのお金相談室もご覧ください。

★ご相談いただいたお客さまの声

お客さまから丁寧な感想を複数いただいています。

よろしければこちらからご覧ください。→お客さまの声