1部屋増やすための住み替えについてコラムを執筆しました

一般社団法人住宅金融普及協会の住宅ローンアドバイザーホームページに、コラムを執筆させていただきました。

住宅ローンアドバイザーとは公正な立場で的確なアドバイスや情報提供を行う住宅ローンの専門家です。

今回は住宅ローンアドバイザー向けのQ&Aコーナーへの執筆なので、残念ながら一般の方にはお読みいただくことができませんが、アドバイザーの方はお時間があるときにお読みいただけますと幸いです。

 

今回のQ&Aのコラムのタイトルは以下になります。

テレワークが増えて自宅が手狭に!
~ 1部屋増やすための住み替え ~

 

 

実際のご相談でも、ご夫婦ともテレワークになり、「家にいる時間が長くなって自宅が手狭に感じる」

 

「1部屋増やす住み替えをしたい」、というご相談を受けることが増えています。

 

1部屋増やしたいと思っても、住宅ローンが残っていると、住み替えは無理なのではないだろうか、とあきらめている人もいます。

しかし、資金計画によっては住み替え可能な場合も多々あります。

買い先行なのか、売り先行なのか、自分の場合は住み替えにあたってどのような資金計画があっているのだろうか・・・

 

悩んだら、住み替え先の物件を見る前にぜひ資金計画のご相談に来ていただきたいと思います。

 

コラムがお読みいただけず残念ですが、実際に住み替えするには自分自身どのような住み替え法があるのかを資金スケジュールとともに整理しておくことがスタートです。

住まいのお金相談室では、信頼できる不動産会社と連携しながらの住み替えサポートも可能です。

住み替えを迷っている方は、相談先のスタートとして弊事務所の個別相談をお申し込みください。

 

住み替え建て替えのご相談→50代からの住まいの予算診断・住まい計画サービス(30代、40代の方もお申込みいただけます。)

初回はスポット相談の料金でお受けし、上記コースにお進みいただく場合は初回料金を差し引きます。

お気軽にお申し込みください。