10月からレッドゾーンで【フラット35】Sが使えなくなります

レッドゾーンとは、土砂災害防止法で土砂災害特別警戒区域に指定されている土地のことです。

土砂災害警戒区域の中でも、特に危険な区域で、急斜面、地すべり、土石流の危険がある地域です。

【フラット35】Sが使える、使えないにかかわらず、危険な地域にはできるだけ家は建てたくないでしょう。

でも、気に入った土地の一部がレッドゾーンやイエローゾーンに入っていたら・・・

 

これから家を購入しようと思っている人にとっては、しっかりと知っておいてほしい内容について、アルヒマガジンに書きました。

 

記事はこちらをご覧ください。

2021年10月制度改正 一部住宅ローンが利用できなくなる「レッドゾーン」とは?