我が家の擁壁は安全? 国交省の「我が家の擁壁チェックシート」

最近増えているご相談に、「傾斜地に建つ家の建て替えの予算診断」があります。

丘陵地に宅地開発が進んだ住宅が建て替えや世代代わりの時期に来ているんですね。

そんな時問題になるのが地盤を支える擁壁です。

丘陵地の土地面積が広い住宅地は、高級住宅街も多いのですが、逆に広すぎて売却しにくい、建て替えをするには擁壁が現在の建築基準法を
満たしておらず、もう一度解体して造成が必要であったり、補修が必要であることがわかり
思わぬ高額な費用がかかり、建て替え計画がストップしてしまうこともあります。

 

また、擁壁の問題は経済的なデメリットだけでなく、不動沈下や欠損などによって
住んでいる人が危険にさらされる可能性もあります。

大切なご自宅が安全かどうかを見極めたり、建て替えか売却かを見極めるためにも
擁壁のセルフチェックをしてみましょう。

国交省の「我が家の擁壁チェックシート」(案)を添付しますので、ご興味ある方は
ご覧ください。