【ウィズコロナの家探し】郊外に広い家を購入したときの注意点

アルヒマガジンにコラムを執筆しました。

新型コロナウィルスの影響でテレワークやローテーション勤務が広がり、郊外の広々とした環境で、ワーキングスペースもあり、子育てものびのびとできる、ひろい家を購入できる可能性も広がるのでは?という内容で書いてみました。

自宅にずっとい続けたくなるような広くて質の高い住宅が、都心に比べ地価の安い郊外なら手に入る可能性も高いと思います。

でも、うっかり広すぎる家を購入してしまうと、購入後のお金もいろいろとかかるんです。

夢のマイホームを手に入れたのに、出費が増えて我慢の日々では意味がありません。

広い家を建てるときの注意点も書いてみましたので是非お読みください。

記事は⇒こちらから

また、土地を購入して家を建てる場合、建売住宅や新築マンションの購入に比べ、資金計画も難しくなります。
ゆとりのある土地に自分の好きな家を建てたいと思っている方、ぜひご相談に来てください。

資金計画から業者さん選び、住宅ローンや火災保険の選び方から、契約や引き渡しまで、ご希望があればサポートをいたします。

まずは「住まいの予算診断」からどうぞ。お申し込みは⇒こちらから