「将来の住まいの選び方」セミナーが満席で終了しました

住まいのお金専門ファイナンシャル・プランナーの有田美津子です。

 

サンケイリビング新聞社様主催の「これからの住まい方フェア」の基調講演が終了しました。「将来を考えた安心できる住まいの選び方」には、たくさんの方にご参加いただき心より感謝いたします。

 

講演では、老後の生活と住まいにかけられるお金、限られたお金で将来まで安心して住まうことができる家、高齢者住宅への住替えや看取りの場をどう選ぶかなどをお話ししました。

 

高齢期の住まいは働く収入が限られている中での金融資産や自宅の活用となりますので、失敗することができません。様々な事例を織り交ぜながらのお話をさせていただきましたが、本人や家族のライフプランの考え方、資産の状況は個々に違います。本日の話しをきっかけにご家族で将来の家をどうするかを話し合っていただけたらうれしいです。

 

基調講演の後にも相続や高齢期の住まい選びについてのセミナーあり、個別ブースでの相談会ありと盛りだくさんのフェアでした。

 

たくさんの方にご来場いただき、高齢期の住まいに対する関心の高さを感じました。今後もシニア世代の住まいの建て替え、住み替え、リフォーム、さまざまな自宅の活用について、皆様にご提案し、個別相談でご希望がかなうまでサポートさせていただきたいと思います。

 

住まいのリフォーム、建て替え、住み替えについてのご相談は

50代からの住まいのお金相談室 をご覧ください。