「住宅ローンが払えない場合どうなる?」の記事をアップしました

アルヒマガジンに「住宅ローンが払えない場合どうなる?マイホームの売却方法や相談先を解説」の記事がアップされました。

新型コロナウィルスの影響で、収入が減り住宅ローンの返済が厳しくなった方もいらっしゃると思います。

返済が厳しくなったとき、つい他の支払いや生活費を優先して延滞してしまうと、取り返すのはなかなかむずかしくなります。

今は別会社が行う延滞の督促も、以前は銀行員が直接行っていた時代があります。

融資課にいた私も新卒の時も、再就職したときも、延滞が始まったお客様には督促の電話をかけていました。

 

それぞれのご事情があると思いますが、うっかり入金を忘れてすぐ入金といった程度の延滞ならよいのですが(本当はよくありませんけど)、2ヶ月、3ヶ月と延滞が続くと取り戻すのはなかなか大変だなあ、というのがその頃の実感です。

 

特に、ボーナス払いの金額が多い人は要注意です。普段の返済額+ボーナス分を返済できないとその後の毎月の返済も滞ってしまうからです。

たとえば、毎月の返済額が10万円でボーナス時の支払いは30万円だと、30万円の延滞が解消するまでその後の月々の延滞は解消しません。

ボーナスが減った人だけでなく、会社員だったときにボーナス払いの比重を多くして借りたけど、今は自営業者といった方は要注意です。

 

もし、コロナ禍で収入が減少して支払いが滞りそう、ということであれば、延滞する前に必ず借りている金融機関に相談に行って欲しいのです。

当面元金返済をストップさせたり、返済期間を延ばしたり、ボーナス払いをなくしたりと、返済を続けられるようにリスケジュールの相談にのってくれるはずです。

 

現在はコロナ対応の施策もあります。

まずは、金融機関の窓口で相談してみてください。

 

せっかく買ったマイホームを延滞して競売、立ち退きとならないために、早めの行動が大切です。

 

記事は→住宅ローンが払えない場合どうなる?マイホームの売却方法や相談先を解説

をご覧ください。