50代からの住まい(住み替え・建て替え・リフォーム)

選ばれる5つの理由

1. ファイナンシャルプランナーとしての年間100件、5年以上の相談実績

ファイナンシャルプランナーは、資格自体は比較的容易に取得することができますが、それを活かしてアドバイスすることは非常に困難だと言われています。
なぜなら、アドバイスの範囲が非常に広範囲に渡るとともに、実務経験がないと表面的なアドバイスしかできないからです。

2. 銀行での住宅ローン相談・不動産販売会社・損害保険会社での合計15年の実務経験

住まいのアドバイスに関わる主要な3分野である不動産、保険、住宅ローンのすべての分野で合計15年の実務経験があります。

3. 主婦経験・親の介護経験をふまえた、ご相談者様の目線に立ったコンサルティング

住まいそのものは大切ではありますが、私は、それ以上にお客さまが幸せに感じることがより大切だと考えています。
主婦の経験・親の介護経験をふまえたお客さま応対に評価をいただいています。

4. 保険や金融商品、不動産を一切販売しない、第3者の立場だから伝えられること

第3者ですので、使っても安心な住まいの予算をお伝えすることができます。
また、お客さまが払う手数料をできる限り安く済ませる方法やお客さまが得する方法を徹底的に追求することができます。

5. 自身の住宅購入・住み替えの経験

皆さんは、携帯電話を持っていない人に携帯電話の選び方を聞こうと思いますか?
同じように、私は、住まいのアドバイスをする人は、住まいの購入経験があることが大切だと考えています。
自身の経験を(多くの失敗経験も)ふまえたアドバイスが可能です。

50代からの住まいの予算診断・住まい計画サービス

ご家庭の将来設計やご希望、将来の収支などをふまえて、住まいに使える予算を算出いたします。また、その予算の範囲内でどのような住まい方をすることができるのかの選択肢を提示し、アドバイスいたします。

料金

32,400円(税込)
※2回の面談料、資料作成費、分析費用すべて含みます。
※ただし、相性が合わないなど、初回ヒアリング前に終了した場合は、料金は発生しません。
※訪問の場合は、交通費の実費と出張料を請求させていただきます。
※ご相談が立て込んでいる時期の緊急のご相談については、追加料金をいただく場合がございます。余裕をもってお申し込みください。

住まいの予算を計算することは一見簡単なようでも、非常に複雑な計算が必要となります。
なぜなら、老後の生活資金や年金を計算するだけではなく、現在の財産状況、相続対策の必要有無、保険や家計の状況、税金、贈与などの制度、介護にかかるお金などお金に関する様々なことを考えておかなければならないからです。

住まいの予算診断サービスは、ご自身で取り組んだがよくわからない、本業で忙しい中、手間をかけるよりはこのサービスを利用したほうが安い・価値があると思われた場合にお申込みください。

ご希望される方には、住まい総合相談メニューもご用意しております。

上記サービスを受けた方限定で、その後建て替えやリフォーム、住み替えなどが完了するまでサポートするサービスもご用意しております。
お客さまによって必要なサポートが異なりますので、住まい総合相談メニューをご希望の方は、「住まいの予算診断・住まいプランニングサービス」終了後にお申し付けください。

ご提供できる主なサービス内容

  • 家計の見直しによる、住まいに使える予算を増やすサポート
  • 家計の総合診断および改善提案
  • ベストな住宅ローンの選択方法等のアドバイス
  • ご希望に合う建築・工事業者(ハウスメーカー、工務店、リフォーム業者など)選択サポート
  • 第3者立場からの保険の減らし方・やめ方・見直し方アドバイス
  • 退職金の有効な活用方法アドバイス
  • 第3者の立場での複数の住宅ローンタイプの比較シミュレーション
  • お客さまの意向を実現できる不動産業者のご紹介による土地・中古物件購入・自宅の売却サポート
  • 第3者立場でのご両親の福祉施設・老人ホーム選びサポート
  • 税理士や司法書士などの専門家と連携した相続対策や相続後の手続き・申告のサポート